日本学術会議

音楽学習学会は、日本学術会議協力学術研究登録団体です。

日本学術会議からのさまざまな情報

Twitter
日本学術会議広報 @scj_info

学術情報誌
『学術の動向』最新号
 

事務局


(株)サウンド・スタッフ内
音楽学習学会

東京都世田谷区代沢
3-3-5-202

お問い合わせ
 

学会誌執筆要項

1.使用言語
 (1)投稿原稿は、和文または英文とする。
2.原稿の書式
 (1)原稿は、A4版横書き、一枚あたり44字×42行で作成する。(22字×42行、2段組でもよい。)
 (2)所属・氏名は別紙に記し、原稿には記入しない。
 (3)別紙に、次を明記する。
①投稿の種類(投稿の種類については、研究発表規定を参照すること。)
②和文、英文題目
③執筆者氏名、所属
④連絡先および電話番号(可能であれば、fax、E-mailアドレスも記入する。)
 (4)投稿原稿の末尾には、200語程度の英文摘要、5語以内のキーワードを和文、英文で記入する。英文の校閲は、投稿者の責任で行う。
 (5)投稿原稿の冒頭には、400字程度の和文要旨を記入する。
なお、原稿の冒頭にはタイトルスペース分として8行の余白をとる。
 (6)投稿原稿の分量は、図、表、楽譜、注、要旨、英文摘要などすべて含めて、刷り上がり10ページ以内の偶数枚とする。(1ページ 44字×42行) 
 (7)注および参考文献は、原則として稿末に一括する。
 (8)図表、楽譜、写真などは鮮明なものを用意する。また、これらは本文中に貼り付けず、本文では、挿入位置に図1、表1等で示す。
 (9)図表等は、刷り上がりの大きさを勘案して、字数が制限字数内に収まるようにする。
  (10)投稿論文は完成原稿とする。校正の段階での修正は認めない。
3.原稿の送付
 (1)プリント・アウトした原稿を4部提出する。ワープロ文書とテキスト形式のファイルを電子メディアにて提出する。図表、楽譜、写真については電子メディアで送付してもよい。
 (2)送付先は事務局宛とする。
 (3)送付は、郵送に限る。
 (4)提出された原稿、電子メディアは原則として返却しない。
4.校正
 (1)初校についてのみ執筆者が校正を行うことができる。
 (2)校正段階における原稿の修正はできない。
 
PAGE TOP