日本学術会議

音楽学習学会は、日本学術会議協力学術研究登録団体です。

日本学術会議からのさまざまな情報

Twitter
日本学術会議広報 @scj_info

学術情報誌
『学術の動向』最新号
 

事務局


(株)サウンド・スタッフ内
音楽学習学会

東京都世田谷区代沢
3-3-5-202

お問い合わせ
 

音楽学習学会会則

第1章 総 則

第1条 本会は、音楽学習学会と称する。
第2条 本会は、生涯にわたる音楽学習の理論的・実践的研究の振興につとめ、会員相互の研究上の交流を図ることを目的とする。
第3条 本会は、前条の目的を達するため、次の事業を行う。
 (1)音楽学習に関する学術的研究の研究協議会や研究発表会等の開催。
 (2)学会誌「音楽学習研究」の編集および刊行。
 (3)研究、実践資料の収集およびそれらの編集・刊行。
 (4)その他、本学会の目的に沿った事業。

第2章 会 員

第4条 本会の目的に賛同する者は会員となることができる。
第5条 本会に入会するには、所定の手続きを行い、世話人会の承認を得る。手続きについては細則で定める。
第6条 会員は、会費を納入しなければならない。会費については細則で定める。

第3章 組織、役員および運営

第7条 本会に、次の世話人および会計監事を置く。
  世話人  5名(世話人代表含む)
  会計監事 2名
  世話人は理事相当の役員とする。世話人会代表は、会長相当の役員とする。
第8条 世話人の職掌は次のとおりとする。
 (1)世話人代表は、世話人会を代表する。
 (2)世話人は、本会の運営に関する業務にあたる。
 (3)会計監事は、本会の会計を監査する。
第9条 世話人の選出は、会員による立候補によって行われ、総会で承認を得る。立候補者多数の場合は、立候補者による協議によって選出する。
 2.世話人代表は、世話人の互選によって選出し、総会で承認を得る。
 3.会計監事は、世話人会が推薦し、総会において承認を得る。
第10条 本会の世話人の任期は、1期3年とし再任を妨げない。
第11条 総会は、本会の最高議決機関であり、次の事項を審議決定する。
 (1)事業計画。
 (2)決算および予算。
 (3)世話人、会計監事の承認。
 (4)会則等の改正。
 (5)その他本会の目的達成のために必要な事項。
第12条 総会は、世話人代表が招集し、会員の5分の1以上の出席によって成立する。出席は、委任状を含むものとする。
 2.総会の議決は、出席者の過半数による。
第13条 世話人会は、代表が年1回以上招集する。
 2.世話人会は、世話人3名以上の出席をもって成立する。
 3.世話人会は、本会の事業や予算・決算の執行の任にあたる。
 4.世話人会は、本会則第3条(2)に定める事業を行うため編集委員会を兼ねる。編集委員会の規定は、別に定める。

第4章 会 計

第14条 本会の運営に必要な経費は、会費その他の収入によって支弁する。
第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日とする。
第16条 会計監事は、年1回以上、本会の会計を監査する。

附則
1.本会則は、平成17年7月31日より実施する。
2.平成17年度の会計年度は、平成17年7月31日より平成18年3月31日とする。  なお、世話人等の任期も、平成17年度を第1年度とする。
 
PAGE TOP